地域別の車事情コラム第10弾!SUZUKIの本社、HONDAの工場がある静岡の車事情は?山梨県には「山梨ルール」が存在する!

地域別の車事情コラム第10弾は静岡県と山梨県!

静岡県浜松市は、浜松市は軽で有名なSUZUKIの本社、またHONDAの浜松工場もあります。

山梨県には独自の「山梨ルール」が存在するよう。

静岡県、山梨県の車事情はどんなものなのでしょうか。

静岡県の車事情ってどんなもの?

SUZUKIの本社、またHONDAの浜松工場があるだけに、
この二社の車が走っている割合が高いようです。

特にSUZUKI車は自家用車で乗る軽だけではなく、
SUZUKIに出入りするメーカーや商社などもSUZUKI車を社用車として使っている所が多いです。

山梨には「山梨ルール」がある?!

山梨県には独自の交通ルール、通称「山梨ルール」というものがあります。
免許を取る際に、教習所の方に教わることも多いよう。

具体的には、右折優先というものが代表的なものです。

信号が青に変わると直進車を待たずに右折車が曲がってきます。

これは慣れていない県外の方が運転する際は要注意です。

また、速度超過が当たり前であることも山梨ルールの一つ。

これらのルールが存在してしまっている理由は
山梨県が非常に人口が少ないという点があげられます。

人がいない=待たない文化、なので交通ルールだけでなく
人気の飲食店に並ぶことも良く思っていない人が多いのです。

せっかちな県民性なのですね。

山梨ルールは非常に危険であり、
他県民様から山梨に来てから運転が嫌いになった方もしばしば。

まとめ

道路事業は、県民性が現れるので面白いですね。
山梨ルールには要注意です!