危険!!疲れが取れない人は自宅で簡単、睡眠時無呼吸症候群チェック!あなたは大丈夫?

今や知らない人はいないであろう、睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼症候群の人は、普段ぐっすり眠ることができないため、
運転中、突然の眠気に襲われることがあります。

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群は、寝ている間に、気管が塞がってしまい、
呼吸ができなくなる現象です。

太っている人が発症する、と思っている人もいるかもしれませんが
実は痩せている人が少し太った場合にもなりやすいので要注意。

あなたは下記にあてはまりませんか?

  • 普段からいびきをかいて寝ている
  • 気づいたら口で呼吸をしている
  • 鼻がつまりやすい
  • 日中に突然の眠気に襲われることがある

3つ以上当てはまる場合、現在、もしくはこれから無呼吸症候群になる可能性があるますよ・・・!

普段いびきをかいている人は、睡眠時無呼吸症候群になりやすいので
普段から横になるようにする、など意識しておくことが大切です。

寝ているときは意識できませんが(汗)

睡眠時無呼吸症候群の解消方法

これをやれば必ず解消できる!というものではありませんが、
やってみる価値はあります。

  • 痩せる
  • ダイエットです。
    睡眠時無呼吸症候群は、気道が塞がってしまうことから起こります。

    気道が塞がる原因は、やはり肥満。

    肥満といっても、上記にもありますが、
    痩せている人が太った場合にも発生しやすくなるため、
    体重◯キロ以上の人、という規定はありません。

    自分の身体に対して、どれくらい脂肪がついてしまったか、という見極めが大切です。

  • たばこ、飲酒を控える
  • たばこや飲酒は、気道を塞ぐ要因になります。
    普段からたばこやお酒を摂取する方は控えてみてください。

  • 横向きに寝る
  • 眠るときに、横向きに寝るようにしましょう。

    太ると横向きに寝るのが辛くなるため、
    やはり同時にダイエットをしたほうがいいでしょう。

とても危険ですので、「もしかして?」と思う方は、
5000円程で自宅で調べることができますので、ぜひ利用してみてください。

下記からJAFの会員登録をすると入会金割引になりますよ。
睡眠時無呼吸症候群のチェックはJAFがお得!

安全で楽しいドライブを!