事故車になる基準はなに?ちょっとでも修理してしまうと事故車になってしまうのか?その疑問にお答えします!

事故車って、事故を起こしたことがある車のことでしょ?
いやいや、修理をしたことがある車は事故車だよ!

「事故車」と一言に言っても、おそらく事故車の認識は人それぞれだと思います。

事故車の基準とは一体何なのでしょうか。

実は販売店も勘違いしていることがある

事故車の基準に関しては、販売店も認識が違っている事があります。

「当店では事故車の取扱はありません!」とうたっているお店もありますが、
ここでの事故車は、「実際に事故に遭った車」を指している事がほとんどです。

しかし!事故車であるかどうかは、実は申告する必要がありません
車を売りたい人が事故を起こしていても「事故した車」と言わなくても良いのです。

驚きですね!

必ず言わなければ行けないのは、「修復歴」があるかどうかなのです。

修復歴ってなに?

修復歴とは、簡単に言えば車を修理したことがあるかどうかです。

事故していようが、駐車場に置いていたときに傷つけられようが関係ありません。
修理したことがあるなら、必ず修復歴を伝えなければなりません。

修復歴にはカラクリがある!

修復歴と言っても、どこを修理したか?というところによって、
修復歴になるかどうか変わってきます。

修復歴とは、車の骨格やその骨格をつないでいる部分に
修正や交換が生じた場合に「修復歴」として残ります。

ドアや窓、バンパー、ボンネット、トランクフード、フェンダー、タイヤの修理は「修復歴」にはなりません

ということは、、

例えば事故を起こしてドアと窓がボコボコになり、ボンネットは吹っ飛び、タイヤがどっかに転がっていき、衝撃でエンジンが壊れて新しくした、という状況でもこの車に修復歴は残りません。

反対に、事故を起こしていなくても、骨格部分の修理があれば「修復歴」ありとなるのです

たとえラジエーターコアサポートに子どもが石で傷つけてしまい修理したとしても、この車は修復歴ありです。

まとめ

あなたの車は「修復歴」がありますか?
事故車かどうか、ということプラス、修復歴を今一度確認してみましょう!